あなたがしたいのは恋愛ですか?それとも結婚ですか?世の中にはそれぞれのニーズに合わせたイベントが開催されています。恋愛がしたいなら恋活パーティ、結婚を前提にお付き合いできる人を探すなら婚活パーティが挙げられます。様々な出会いの機会を利用してあなたの理想の条件に見合った異性を探してみましょう。

「婚活」といえば、数年前から盛んに行われるようになった「男女が出会いを求めて起こすアクション」の一つです。
婚活の「婚」は、当然ですが「結婚」を意味するものであり、「結婚に向けた活動を行う」という意味合いで婚活といっているわけです。

婚活を行うことで男女が「本気」でパートナー候補を探し、お互いがファーストコンタクトの段階から結果を意識したコミュニケーションをとるのが普通です。
単なる恋人作りに止まらない関係が望める相手を欲しているため、カップリング率うんぬんよりも自分が期待している結婚が実現できそうなのかどうかを重要視する状況が多々あります。

本気で結婚相手を探す場として婚活(パーティー)がある以上、気軽にフランクな目的(恋人作りや友達作り)で婚活を目的としているパーティーやイベントに参加するのは少々考えものです。
もちろん、最終的に結婚を意識しているのであれば全然問題はないのですが、恋人探しが目的なのであれば「恋活イベント」を活用してカップリングを目指した方が賢明です。

婚活と恋活は異なる

結婚式婚活と恋活の大きな違いは、「最終的な目的がどこにあるのか」です。
婚活は当然、結婚を最終目的に据えていますが、恋活の場合はあくまでもその前段階である男女の恋愛にフォーカスを当てているものです。
そのため、最終的にゴールインに至れば何より、仮に至らなかったとしてもそもそもの目的が違う場所に向かっているものなのでまったく問題はありません。

このように、それぞれは明らかな違いのあるイベントだということをしっかりと理解し、期待している結果を得られる可能性がより高い方法を選択することが重要です。
気軽な異性間コミュニケーションに期待しているのか、それとも深いコミュニケーションを期待しているのかといった「本質」が違えばコミュニケーションの内容もまったく変わってしまいます。

結婚や恋愛(出会い)を欲している人ならば誰でも自由に参加することができるものではあるのですが、ものによっては参加資格に条件を設けている場合もあります。
たとえば、年収1000万円以上の男性しか参加することができないという条件が設けてあったり、30歳以下の男女だけが参加できるようなイベントが開催されることも珍しくはありません。
さまざまな目的をもって参加することができるものでありながら、目的がマッチングしたイベントを利用しなければ期待する結果を得づらくなってしまうことだけは良く覚えておくようにしましょう。

本気で結婚を考えているなら婚活パーティーに行こう

婚活イベントに出席する女性友達探し、気軽に交際できる異性探しがメインで、「あわよくば恋愛関係にまで発展することができれば儲けもの、万が一にもそのまま結婚ができればなおさら」といった思い、目的であれば恋活イベントを利用した活動がおすすめです。
参加者の多くが同様の目的を持っているので、お互いに「まずは友達から」という考えになりやすいので、最初のハードルを大幅に下げることができます。

しかし、ただ単に異性との出会いを欲しているというわけではなく、出会いをゲットしたうえで結婚に向かって確実に歩を進めていきたいと思っているのであれば、恋活ではなく婚活イベントを利用した方が賢明です。
恋活でも可能性が0%になるわけではないものの、恋活と違って婚活は「確実に結婚を意識している人」が参加しているため、恋愛初期のような遠慮したコミュニケーションの段階をスキップして進めることができます。

たとえば恋活イベントを利用した場合、まずはお互いの自己紹介から始まります。
もちろん、この流れ自体は婚活イベントでもほとんど変わりませんが、ここで「今日は良い出会いを見つけに来ました」とアピールしたときに相手が受け取る意味合いがまったく違います。

恋活イベントの場合、「恋人が欲しいのか、友達が欲しいのかが曖昧」と感じる状況が少なくありませんが、婚活イベントであれば「理想的な結婚相手を欲している」という明確な目的だということが理解できます。
しかし、当然のことながら恋活イベントで結婚相手を探している人はいるでしょうから、マッチングの時点で明らかに異なる目的の男女が出会ってしまう可能性があるわけです。

その場で盛り上がり、見事にカップルが成立となって連絡先を交換することができたとしても、成立後のデートでお互いの目的の違いが露呈して破局してしまう可能性が高まります。
もちろん、お互いの目的が違っているからといって必ず失敗するとは限りませんが、ゲットした連絡先の価値を少しでも高いものにするためにも「目的に応じたイベント(手段)を選択すること」が重要です。

また、婚活イベントの場合は「相手が結婚相手として適当かどうか」を判断するための企画がたくさん用意してあります。
自己紹介、自己PRタイムが準備してあるのはもちろんですが、それ以外にも「具体的にどのような結婚(相手や生活のイメージ)を欲しているのかをアピールする機会がある」というメリットがある点も婚活がおすすめとなる要因です。